情報通信機器が故障した時には修理して使えるようにする

水没を修理

スマートフォンが水に浸かったら

皆さんはスマホを水に浸けてしまったしまったことはあるでしょうか。 スマホを肌身離さず持ち歩く人は、うっかりトイレに落としちゃったという人も多いと思います。 そんな時に一番大切なのは、直ぐにスマホの電源を切ることです。 水に落としても直ぐに拾った場合、まだスマホの電源が入っていることがよくあります。 ついつい壊れた箇所がないかチェックしがちです。 ですが、そこはグッと我慢して、最初にスマホの電源を切りましょう。 理由は、電源が入っていると水没時は無事だった内部の部品が、通電時に水が触れてショートしてしまう事があるからです。 新しい故障箇所を増やさないためにも、すぐに電源を切ることは重要です。 電源を切った後は、水分を拭き取り修理に持って行くようにしましょう。

修理先をどこにするか。

スマホの修理先はどこが良いでしょうか。 もちろん、メーカーに修理を出すのが一番安心できると思います。 しかし、水没は保証が効かない事が大半ですので、メーカーに出すと修理費が高額になる上、時間もかかります。 そんな時に有効なのが、スマホの修理専門店です。 予約が取れれば、作業時間は1〜2時間程度で、水没チェックと壊れているぶひんの交換を行ってくれます。 幸いどこも壊れてなくても、水没チェックだけでも費用がかかりますが、作業時間は短いのは魅力的です。 1点注意点があります。 メーカー以外で修理した場合、メーカー保証を受けられなくなる可能性が ありますので、その点は注意してください。 スマホの水没の際は、修理専門店も候補に入れて検討してみてください。